• Home
  • ギャラリー
  • 名作選シリーズ
  • 関連商品
  • ダウンロード/プレゼント
  • 会員登録
  • ログイン

中山省三郎

1904-1947 ロシア文学者、詩人。茨城県出身。早稲田大学露文科卒。同郷の横瀬夜雨の影響を受け、在学中に火野葦平らと詩誌第2次『聖杯』を創刊。卒業後はロシア文学を翻訳。ドストエフスキー『白痴』、ツルゲーネフ『猟人日記』の名訳などでロシア文学者としての優れた業績を残した。詩集に『羊城新刃釥』など。