• Home
  • ギャラリー
  • 名作選シリーズ
  • 関連商品
  • ダウンロード/プレゼント
  • 会員登録
  • ログイン

東山新吉(魁夷)

1908-1999 画家。神奈川県出身。東京美術学校日本画科在学中の1929年、初出品の『山国の秋』が帝国美術院展覧会入選。翌年から学費のために『コドモノクニ』『少年倶楽部』などに挿絵を描き始める。同校卒業後同校研究科に進み、’33年から2年間ドイツに留学。’47年の第3回日展で『残照』が特選。’56年には第11回日展出品作品『光昏』で日本芸術院賞を受賞。’65年日本芸術院会員となり、’69年に文化勲章を受章。この間’60年には東宮御所壁画『日月四季図』を、’68年に皇居新宮殿壁画『朝明けの潮』を完成。翌年毎日芸術大賞を受賞。’73年から唐招提寺御影堂障壁画の制作に携わり、’81年に完成。’87年、自作を長野県に寄贈。’90年、長野県信濃美術館・東山魁夷館開館。文筆にも優れ、『わが遍歴の山河』『風景との対話』など著書多数。